« 【名曲カタログ・61】Baby Loves To Rock | トップページ | 【アルバム紹介】Tom Peterson's Another Language »

2019年9月 6日 (金)

ロックスターVOL.2

Rockstar2_1

 

Rockstar2_4

Rockstar2_3

Rockstar2_2

早いもので2019年も2/3が過ぎもう9月。もうすぐZepp Tokyoでの来日公演からまる1年を迎えようとしています。

ニュー・アルバムについての情報はその後入ってこず、今年は聴けないのかなとちょっと心配になってきましたが、相変わらずバンドは精力的にツアーを続けて健在ぶりを見せつけています。日毎に大幅に変わるセットリストも世界屈指のツアー・バンドとしての面目躍如で、ライブを見なくともオフィシャルから発表されるセトリの選曲を見るだけで楽しくなってしまいます。早く日本にも来てくれないかなあ。

最近、古書屋さんで購入した1978年の春に音楽専科社から発刊された「ロックスターVOL.2」  音楽誌「音楽専科」の別冊で、ライブのパンフレットサイズの大判のムックです。以前から興味を持ちつつ、なかなか手が出なかったのですがこれは入手しておいて良かった!

後半のカラー・ページではJudas PriestやStrappsが紹介されていますが、全体の7割の記事はCheap Trick関連で、カラー写真も満載! 1978年初来日時のライブ・ショット、ライブ・リポート。来日記者会見のレポート。メンバーのインタビュー。各メンバーの個別分析。ファンによるイラストとラブレター(!)のページと、多岐にわたる特集が組まれています。中でも貴重なのが4/26名古屋公演のライブ・リポート。そう「at Budokan」が録音された大阪(4/27)、東京(4/28、4/30)公演より前なんですね。「トムの12弦ベースが嵐を呼んだ!」「バーニーの特大スティックが会場にこだました」との見出しにも表れているように、既にスター・バンドとしての地位を確立していたCheap Trickが名古屋で熱狂的に迎えられていた様子が書かれています。

ちょっと驚いたのが、京王プラザホテルでの来日記者会見での伊藤正則さんのリックへの質問
「きみが帽子をとらないのは、ひょっとしてハゲているからじゃないのかい?」…って、伊藤さん、そんな大胆な質問していたのですね…。





1978年4月26日・名古屋市公会堂
セットリスト

1.Hello There
2.Come On,Come On
3.Elo Kiddies
4.Speak Now Or Forever Hold Your Peace
5.Big Eyes
6.Lookout
7.Downed
8.Can't Hold On
9.Oh Caroline
10.Surrender
11.Auf Wiedersehen
12.Need Your Love
13.High Roller
14.Southern Girls
15.I Want You To Want Me
16.California Man
17.Goodnight Now
- encore -
18.Clock Strikes Ten

 

 

☆Cheap Trick - I Want You To Want Me (from Budokan!) [Official Video]

 

|

« 【名曲カタログ・61】Baby Loves To Rock | トップページ | 【アルバム紹介】Tom Peterson's Another Language »

Books」カテゴリの記事