« 【名曲カタログ・61】Downed | トップページ | リズム & ドラム・マガジン - Dec,1990 »

2019年3月 9日 (土)

UDO 50th Anniversary Special Exhibition~海外アーティスト招聘の軌跡

Udo3_8_2019_1

Udo3_8_2019_2

Udo3_8_2019_3

Udo3_8_2019_5

有楽町のマルイで開催されている、表題のイベントに行ってきました。

1967年の創業以来、日本を代表するプロモーターとして海外アーティストの招聘。来日公演に尽力してきた、ウドー音楽事務所の長きに亘る歴史を総括した展覧会です。

素晴らしかったです。予想した以上に莫大なデータと、貴重なアイテムの数々に驚かされました。1960年代から現在まで、ウドーが招聘したおそらく全ての海外アーティストの来日公演のデータ(年月日と会場)を、アーティストのポスターやフライヤーと共に年代別に展示。

アーティストのオフショット写真や、宣材写真、寄贈されたギター、ピック、サイン色紙等も数多く展示されていました。

Cheap Trickが初めてウドーの招聘で公演を行ったのは1988年。トムがバンドに復帰し、オリジナルメンバーでの8年ぶりの来日公演でした。その後、1990、1992、1994、1996、1999、2001、2003、2006とウドーの招聘で8回来日。現在まで、最も多くCheap Trickの来日公演に関わったプロモーターです。

展示会では、Cheap Trickの上記の9回全ての来日公演の日時、会場のデータと、ポスター、フライヤーを展示。1988年来日時の、貴重な名古屋でのライヴ写真もありました。また、物販コーナーにはオフィシャル・グッズ、書籍、レコード等と併せCDのコーナーも充実しており、Cheap TrickのCDもたくさんありましたよ。

ロック・ファンには堪えられない、ボリュームたっぷりの展示会。お時間のある方は是非足をお運び下さい。

ウドー音楽事務所50周年記念展「海外アーティスト招聘の軌跡」公式サイト

|

« 【名曲カタログ・61】Downed | トップページ | リズム & ドラム・マガジン - Dec,1990 »

Others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UDO 50th Anniversary Special Exhibition~海外アーティスト招聘の軌跡:

« 【名曲カタログ・61】Downed | トップページ | リズム & ドラム・マガジン - Dec,1990 »