« 【名曲カタログ・26】California Man | トップページ | 【名曲カタログ・28】Perfect Stranger »

2018年6月10日 (日)

【名曲カタログ・27】She's Tight

◆来日公演まであと123日◆

"She's Tight"はアルバム「One On One」(1982)の、アナログ盤B面の1曲目に収録された曲 "If You Want My Love"に続く2ndシングルとしてリリースされ、Billboard Hot 100シングルチャートで最高位65位を記録するヒットになりました。

Cheap Trickのバイオ本「Reputation Is A Fragile Thing」には、「One On One」のプロデューサー・ロイ・トーマス・ベイカーは"Cheap Trickの音楽の本質はヘヴィ・メタルだと考えていた"という記述があります。一方でリックは「俺たちにも、共同プロデューサーのクレジットが与えられるべきだったと思う」といった発言をしています。ロイの音の方向性がヘヴィ・メタリックに傾きすぎないように、メンバーが客観性をもってバンドのあるべき姿が保たれるようレコーディングしたのだろうと想像しました。

"She's Tight"は、「One On One」収録曲の中でも、Cheap Trickの個性とロイの持ち味が特に上手く融合した1曲といってよいでしょう。Cheap Trickの持ち前のクラシックなロックン・ロールのセンスと、ロイのダイナミックで煌びやかな音作りが発揮されたポップなハード・ロック。今聴いても新鮮です。メロディアスな歌唱から、シャウトまで聴かせる多彩な表情を見せるロビンの歌唱も秀逸。また、この曲はジョン・ブラントがアルバム収録バージョンでベースを弾いた3曲のうち1曲です(他の2曲は"If You Want My Love"と"Saturday At Midnight")

後続のバンドにも影響を与えた"She's Tight"
Poisonは「Look What The Cat Dragged In」(1986)アルバム収録の大ヒットシングル"Talk Dirty To Me"で、この曲にインスパイアされたであろうギター・リフを取り入れ(ギター・ソロもリック・ニールセン風)、Steel Pantherは「Lower The Bar」アルバム(2017)で、この曲をオリジナルのアレンジに近いかたちでカヴァー。更に、ゲストヴォーカルとしてロビン・ザンダーが参加しています。





"She's Tight"
作詞/作曲:リック・ニールセン
プロデュース(オリジナル・スタジオ・バージョン):
ロイ・トーマス・ベイカー


- 収録アルバム -
One On One(1982)
Silver(2000)
Turn On The Radio:The 1980s(2015)

|

« 【名曲カタログ・26】California Man | トップページ | 【名曲カタログ・28】Perfect Stranger »

名曲カタログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037677/73629079

この記事へのトラックバック一覧です: 【名曲カタログ・27】She's Tight:

« 【名曲カタログ・26】California Man | トップページ | 【名曲カタログ・28】Perfect Stranger »