« 【名曲カタログ・25】Gonna Raise Hell | トップページ | 【名曲カタログ・27】She's Tight »

2018年6月 9日 (土)

【名曲カタログ・26】California Man

☆今では見れないバーニー、リック、トムの3人による4分のジャムをイントロにした
"California Man"のライヴ(1989年:ヒューストン・アストロドーム)



◆来日公演まであと124日◆

アリス・クーパー・バンドのギタリストとしても活躍するライアン・ロキシーのソロ・アルバム「Imagine Your Reality」が先月リリースされました。1月に公開されたアルバムのリーダー・トラック"California Man"は、The Moveの1972年リリースのアルバム「Message From The Country」収録曲のカヴァー。この曲ではロビン・ザンダーがゲスト参加してヴォーカルを聴かせてくれています。

ライアン・ロキシー・バージョンの"California Man"は、当然ながらCheap Trickバージョンをベースにアレンジしたもの。Cheap Trickのオリジナル・スタジオ・バージョンはアルバム「Heaven Tonight」に収録。1970年代から現在まで、Cheap Trickのライヴで欠かせないレパートリーになっています。

Cheap Trickほどロイ・ウッドのカヴァー曲を多くプレイ、録音してきたバンドは他に居ないと思いますが、中でも"California Man"のアレンジは秀逸。The Moveオリジナルの独特のポップ・センスと陽気な雰囲気を活かしつつ、キャッチーでソリッドなCheap Trick流ハードロックに仕上げています。間奏では、これもロイ・ウッド作のThe Moveの曲"Brontsaurus"のギター・リフを挿入するマニアぶり。メンバーが心からロイの音楽を敬愛しているのが分かりますね!





"California Man"
作詞/作曲:ロイ・ウッド
プロデュース(Cheap Trickのオリジナル・スタジオ・バージョン):
トム・ウォーマン


- 収録アルバム -
Heaven Tonight(1978)
At Budokan:The Complete Concert(1998)
Greatest Hits:Japanese Single Collection(2018)


|

« 【名曲カタログ・25】Gonna Raise Hell | トップページ | 【名曲カタログ・27】She's Tight »

名曲カタログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037677/73622385

この記事へのトラックバック一覧です: 【名曲カタログ・26】California Man:

« 【名曲カタログ・25】Gonna Raise Hell | トップページ | 【名曲カタログ・27】She's Tight »