« 【名曲カタログ・21】Such A Good Girl | トップページ | 【名曲カタログ・23】My Obsession »

2018年6月 5日 (火)

【名曲カタログ・22】Say Goodbye

Ct_saygoodbye

◆来日公演まであと128日◆

アルバム「Bang Zoom Crazy Hello」(2016)のリリースからでしょうか。タワーレコードをはじめ、都内のCDストアの多くでこれまでになくCheap Trickのコーナーが大きく展開されるようになりました。特に、昨年の「デビュー40周年記念・紙ジャケコレクション」以降、ゴールデンラインで大陳列してくださっているお店が増えているようですね。これだけ長い期間、CDストアでCheap Trickがプロモーションされるとは、本当にうれしい限りです。

しかし、残念なのは1994年の「Woke Up With A Monster」から、2009年の「The Latest」まで15年間にリリースしたアルバムがコーナーからすっぽり抜けていること。全て廃版のようなのでしょうがないのですが…。

"Say Goodbye"は、廃版になって久しいアルバム「Cheap Trick」(1997)からの1stシングル。陰りあるメロディと、キャッチーなポップ・センスが融合したこれぞCheap Trickという魅力に溢れた名曲です。ジョージ・ハリソンを想起させるギター・ソロも良いアクセントになっています。

デビュー・アルバム以来、再びバンド名をタイトルにした「Cheap Trick」は、インディペンデントレーベルred antからの最初で最後のリリースとなったアルバムになりました。日本版CDのリリースに遅れること2か月。1997年4月にアメリカでCDがリリースされたたった3週間後、red antは倒産してしまったのです。

「Woke Up With A Monster」に続き、不幸にも十分なプロモーションが(日本以外では)されなかった「Cheap Trick」(1997)ですが、"Say Goodbye"はアメリカ、カナダ、日本のシングル・チャートで健闘。特にカナダのチャートではTop 20入りを記録したようです(※正確な情報を調査中)

写真のイギリス版CDシングルには"Say Goodbye"のCheap Rock Mix(アルバム・バージョンから、ギター・トラックをいくつかカットしている)、"Voices"と"Surrender"のライヴ・バージョンを収録。両曲とも、Transmission Impossible(2016)のディスク3「In The Joint」に収録されている音源(1995年10月にネバダ州ラスベガス・ハード・ロック・ホテルでのライヴ)と同じです。





"Say Goodbye"

作詞/作曲:リック・ニールセン、トム・ピーターソン、ロビン・ザンダー
プロデュース:イアン・テイラー、Cheap Trick

- 収録アルバム -
Cheap Trick(1997)
The Essential Cheap Trick

|

« 【名曲カタログ・21】Such A Good Girl | トップページ | 【名曲カタログ・23】My Obsession »

名曲カタログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037677/73603244

この記事へのトラックバック一覧です: 【名曲カタログ・22】Say Goodbye:

« 【名曲カタログ・21】Such A Good Girl | トップページ | 【名曲カタログ・23】My Obsession »