« Music Life - 1979年12月号 | トップページ | Christmas Christmas(CD) »

2017年10月31日 (火)

Screaming Lord Sutch - Alive And Well

Screaminglordsutch

☆ジャケット表

Screaminglordsutch2

☆ジャケット裏。リックの姿が写っています

「Screaming Lord Sutch - Alive And Well」

side A:
1.Boney Maroney
2.We're Only Here For The Blood
3.Bye Bye Johnny
4.Medley: Jenny Jenny/Keep A' Knockin'
5.Murder In The Peep Show

side B:
1.I'm A Hog For You Baby
2.Don't Ya Just Know It
3.Wild Thing
4.Rock With Me
5.Disco Crusher
6.Travers Blues


Cheap Trick関連アイテム、メンバーがゲスト参加したアーティストのアルバムで、私的に特にハードルが高かった1枚をようやく入手しました。イギリスのミュージシャンで、政治家としても名を馳せたスクリーミング・ロード・サッチ(1999年に死去)の、1980年にリリースされたライヴ・アルバム「Alive And Well」です。

リックが参加しているアルバムとして、昔から知っていたのですがなかなかCD再発が実現せず、レコード・プレイヤーを持っていない私は未だ聞いた事がなかったのですが、先日ついにレコード・プレイヤーを購入。輸入盤の中古LPを海外から取り寄せて、やっと聴くことができました。

リック以外の参加ギタリストは、パット・トラヴァースとティム・グリーン。ラリー・ウイリアムズの"Boney Maroney"、チャック・ベリーの"Bye Bye Johnny"、Cheap TrickもカヴァーしたTroggsの"Wild Thing"と、カヴァー曲中心の選曲をロード・サッチのパワフルなヴォーカルが歌い上げる、とても勢いのあるライヴ・アルバムです。

残念なことにLPには詳細なクレジットがない為、どの曲とどの曲でリックがプレイしているのかはっきりせず…。"Murder In The Peep Show"はリックが弾いているような気がするのですが。更に調査してみます。また各曲、何年にどこの会場でレコーディングされたのかもクレジットに書かれていない為分かりません。

|

« Music Life - 1979年12月号 | トップページ | Christmas Christmas(CD) »

LP/EP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037677/72101864

この記事へのトラックバック一覧です: Screaming Lord Sutch - Alive And Well:

« Music Life - 1979年12月号 | トップページ | Christmas Christmas(CD) »